子どもが喜ぶカメラとは?キッズ用カメラ選びの注意点

子どもが喜ぶカメラとは?キッズ用カメラ選びの注意点

キッズ用カメラとはどんなカメラ?

キッズ用カメラとは、子どもが使いやすいように工夫されたカメラです。子どもでも簡単に操作できるものが多く、シャッター音が鳴るだけのものから、本格的な写真撮影や水中撮影がこなせるものまで、多種多様なカメラが販売されています。

子どもが喜ぶキッズ用カメラ選びの注意点

子どもが本当に喜ぶキッズ用カメラを選ぶためには、外観・機能・価格帯の3つのポイントに注意しましょう。

外観は子どもの年齢や好みを参考に

キッズ用・キッズ向けに販売されているカメラでも、色や形はさまざま。可能であれば、子どもにカメラを見せて、好みに合うかどうかチェックできると安心です。「1・2歳のときは鮮やかな色やおもちゃのような形のカメラを使って喜んでいたのに、3歳以上になると、大人が使うような本格的な外観のカメラを欲しがるようになった」といった声もあり、年齢を重ねて好みが変わることもあるようです。子どもの年齢や好みが変わる可能性も考慮して検討しましょう。

機能はカメラの対象年齢や子どもの操作能力に合わせて

使い方が簡単なものが多いキッズ用カメラですが、あまりに操作が単純過ぎてもすぐに飽きてしまうので、子どもの操作能力に合ったカメラを選びたいところです。カメラに対象年齢が設定されている場合には参考にするとよいでしょう。機械操作が好きなら多機能なカメラがおすすめですし、屋外でアクティブに写真撮影をしたいなら、丈夫で壊れにくく、防水性能のあるカメラがおすすめです。子どもの操作能力や使い方によって、必要な機能は変わってきます。最適なものを選びましょう。

価格帯は子どもが壊しても許容できる範囲で

子どもが本当に喜ぶキッズ用カメラを選ぶためには、どの程度の価格帯の商品かも慎重に判断しましょう。一般的に高価格帯のキッズ用カメラほど機能が充実していますが、機能が複雑になるほど故障のリスクが高まる場合も。子どもにあまり高価なカメラを持たせておくと、大人はハラハラしてしまいますよね。壊しても許容できる範囲の価格帯のカメラを選ぶと、子どもに持たせておいても大人が安心でき、子どもも思い切り遊べるのでおすすめです。

キッズ用カメラのおすすめ商品

TANOKI キッズカメラ
縦6cm、横8.5cmのコンパクトサイズで、子どもの手でも持ちやすいカメラです。角のない丸みを帯びたデザインなので、万が一顔などにぶつけてしまっても安心。ワンタッチでシャッター音が出て撮影できるので、小さな子どもも簡単にカメラマンの気分が味わえます。デジタル写真のデータはSDカードに保存が可能。便利なネックストラップ付きです。初めてのカメラにもおすすめです。