【目的別】デジタルカメラを中古で買うときの選び方と注意点

 

SNSの普及により撮影が身近になった近年、「カメラを趣味として始めたい!」と言う方が増えています。

ただ、デジタルカメラを新品で一式揃えようとすると非常に高額になってしまいます。

そこで、カメラ初心者の方には「中古でカメラを買う」という選択肢があることをお伝えします。この記事では目的別に中古でデジタルカメラを買う時の選び方と注意点をご案内します。

 

デジタルカメラの種類

デジタルカメラは3種類あります。

ここでは、その特徴について触れていきます。

・コンパクトデジタルカメラ

軽量なモデルで安価、画像の劣化があるのでこだわりが強い人には不向き

軽量な為、持ち運びに向いている

・ミラーレス一眼カメラ

本格的な写真が手軽に楽しめる

モニターを見ながら撮影が出来る

・デジタル一眼レフカメラ

プロ仕様のこだわり抜けるカメラ

高価で重量があるため、こだわりの強い人向け

 

目的別おすすめのカメラ

ここでは目的別におすすめのカメラと注目の商品についてご案内します。

旅先や日常の風景などの撮影

コンパクトデジタルカメラがおすすめです。

またほとんどのコンパクトデジタルカメラがレンズ内蔵型なので、多少の衝撃にも耐えられます。

過剰な不安を持つことなく持ち歩くことができます。

注目の商品はこちら

 

Nikon デジタルカメラ COOLPIX A100 光学5倍 2005万画素 シルバー A100SL

・このカメラのおすすめポイント

このカメラは非常に使いやすい設計になっています。

基本的な操作はオート設定になっており、細かい調整をすることなく撮影が可能です。

またこのカメラでは光学ズームが出来るため、拡大したときにも高い再現性が保てます。

 

自撮りやローアングルの撮影

ミラーレス一眼カメラがおすすめです。

ミラーレス一眼カメラには上下や左右に可動出来るモニターがついているモデルがあります。

自撮りをする時は自分の映り方を確認しながら撮影できます。

お子様やペットがいる場合には、モニターを見ながらその目線にあわせて撮影することが可能です。

注目の商品はこちら

 

 

 

FUJIFILM ミラーレス一眼カメラ X-A5レンズキット ブラウン X-A5LK-BW

・このカメラのおすすめポイント

このカメラはモニターが稼働できる設計になっています。

このモデルでは、モニターを上部に反転することが出来るため実際の画角を確認しながら撮影することが可能です。

モニターを見ながら自撮りが出来るとして非常に人気があります。

 

早く動く被写体の撮影

デジタル一眼レフがおすすめです。

デジタル一眼カメラにはピントを合わせやすいという特徴があります。

スポーツをしている人の撮影も出来ますし、高速走行している車や飛行機の撮影などにも向いています。

子どもの運動会の撮影を希望されてる方や、車や電車などの撮影をされたい方はデジタル一眼レフカメラを検討してみてはいかがでしょうか。

注目の商品はこちら

Nikon デジタル一眼レフカメラ D5600 ダブルズームキット ブラック D5600WZBK

スタイル:ダブルズームキット

・このカメラのおすすめポイント

このカメラにはwifiが搭載されており、容量の大きな画像の転送やリモートでの撮影が可能になります。

またBluetoothにも対応しており、お手持ちのスマートフォンへ撮った写真を自動転送することもできます。

初めてデジタル一眼レフカメラを買う方向けに、望遠レンズがセットになっていることも魅力です。

 

中古のデジタルカメラの選び方のポイントは4つ

 

ここでは、デジタルカメラを中古で買う時の選び方をご案内します。

次の4つを確認すると失敗の少ない買い物ができるでしょう。

・シャッターの回数

カメラの耐久性に関わってきます。

・へこみや汚れ

内部の部品の破損や写りこみに影響が出てきます。

アウトレット品であってもへこみや傷がある場合は避けた方が無難です。

・スペック

自分の欲しい機能が搭載されているか事前に確認をすることをおすすめします。

・撮影の方法

実際にカメラを使用することをイメージして、実機に触り撮影をしてみてください。

中古でカメラを買う時の注意点は3つ

中古で買う時に特に気を付けたいポイントをご案内します。

 

注意点は次の3つです。

・フリマなどの個人売買は避ける

前の持ち主の保管方法により影響がでます。

壊れている・正常に動作しないという事態を避けるためにも専門店で検討しましょう。

・取扱説明書の有無を確認する

メーカーによっては型落ちのモデルのサポートが出来ないところもあります。

カメラの使い方に不安がある方には必須のポイントです。

・付属品が揃っているか確認する

カメラの付属品は高額です。

無駄な出費をしなくて済むように事前に確認しましょう。

 

カメラではスマホでは味わえない繊細な表現が出来ます。

どんな場面で使いたいのか、どのような機能が欲しいのか具体的なイメージを持って検討してみてください。