魚眼レンズとは?おすすめ使用シーンや使用法を解説

いつもとは違った写真が撮れる魚眼レンズ。

「フィッシュアイ」とも呼ばれ、魚が水中から見たかのような歪みのある写真を

撮る事ができます。

遠近感が誇張されたユニークな世界を実現でき、個性的な写真を撮りたい人に

試して欲しいレンズです。

魚眼レンズをまだ使った事ない方やもっと知りたい方に

おすすめの使用シーンや使用方法、おすすめ商品をご紹介します。

 

魚眼レンズとは?

魚眼レンズは焦点距離が短く、180度もの広い範囲を凝縮し

それによって歪みが生まれ、遠近感が誇張された写真が撮れるレンズです。

同じ景色でも魚眼レンズで撮ると、違う世界観とインパクトが生まれます。

画面の中心は真っ直ぐに、中心から離れていくに連れて歪んでいき「樽型収差」

と言われる歪曲な画像になります。

焦点距離の短さにより、画面の真ん中がとても大きく写り独特の迫力があります。

つまり180度の広い範囲を一枚に収める事による歪みと強調が

普通のレンズでは撮影することのできない不思議な世界を作ります。

 

広角レンズと魚眼レンズの違い

 

どちらも広視野を一度に撮影できるところは同じです。

その中で広角レンズは人間の目で確認できるよりも広い範囲を撮る事ができ

35mmフィルム換算で35mm以下の焦点距離のレンズにあたります。

それにより広い範囲を撮影する事が可能です。

一方魚眼レンズは超広角レンズで、焦点距離が24mm以下になります。

広い範囲を撮影すると画面の外側に向かって歪みが出てしまいますが

普通の広角レンズは、レンズ内部で様々な異なるレンズを使って

歪みを修正して真っ直ぐに写します。しかし歪みを修正すると写真の端の方は

同じ大きさに修正できず、若干大きく写ります。

それに対して魚眼レンズは、その歪みを修正せず敢えてその大きな歪みをそのままにして

遠近感を強調し、中央の被写体を大きく周囲を小さく写し出します。

魚眼レンズには2種類ある

対角線魚眼レンズ

画面全体を使って湾曲した撮り方ができます。

フレームいっぱいにフルサイズ撮影ができ、迫力のある写真に仕上がります。

円周魚眼レンズ

円形を描くために縁の外側が黒くなり(ケラレ)、円形に抜き取ったような

画像になります。

対角線魚眼レンズとはまた違った個性があり、おしゃれな一枚になります。

魚眼レンズのおすすめ撮影シーンは?

ご説明したように、魚眼レンズで撮る写真は個性的に仕上がります。

同じ風景写真でも一味も二味も変わります。

とはいえ、何を撮ったら魚眼レンズを生かせるのか悩む方もいらっしゃるのでは

ないでしょうか。

基本は好きなものを自由に撮り仕上がりを楽しむのも一つですが、より魚眼レンズの

特性を生かせるシーンをいくつかご紹介します。

 

①空間の奥行きを強調したい時

 空の向こうや道の彼方など、広がりや対比をより立体的に表現したい時に効果的です。

 

②広さを強調したい時

 魚眼レンズは中央が大きく盛り上がるのが特徴です。

 そのため立体的に見えて広さを強調するにもインパクトがあります。

 

③大きさ、存在感を強調する。

 中央の立体感を生かして、より大きく強調し主張も豊かな写真に仕上げる事ができます。

 

④個性的、または抽象的な写真を撮りたい

 何をとってもまるで異次元空間のような独特の世界観が生まれます。

 人とは違った、おしゃれで個性的な映える写真を撮りたい方におすすめです。

魚眼レンズの上手な使用方法

 

①風景は水平垂直にブレずに撮る

 歪んで撮るのに水平に撮るの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。

 しかし特有の歪みを生かすには、そもそもの構図に歪みがないことが大切とのこと。

 主役となる建物や物体を基本に考えて、水平垂直に撮りましょう。

 

②余白が大きいと魚眼レンズの効果が薄い

 例えば雲ひとつない青空が画像の3分の2だったとします。

 そうするとその3分の2に歪み効果は生かされないことになります。

 歪みの魅力を発揮したいのなら意味のない部分を極力省いて撮ることです。

 

③左右対称の方が魚眼効果を生かせる

 普通の風景写真などは、敢えて左右を非対称に撮ることで風情を出す事がありますが

 魚眼レンズの場合、左右対称の方がその特質を生かす事ができます。

 しかし上手に左右対称に撮るのは腕がいるとのこと。

 

④何を撮りたいか、何を伝えたいか、主役を決める

例えば風景の中でも、何を主役に撮りたいかを明確にすることで歪みや立体感を生かす事 

ができます。何かを強調できるのが魚眼レンズなので、強調したいものが曖昧だと効果を

生かしきれなくなります。

おすすめの魚眼レンズ

魚眼レンズを選ぶにはまずは互換性を確認する必要があります。

お手持ちのカメラに使用できるか、必ず確認をしてください。

 

お値段がお手頃な単焦点魚眼レンズ/PENTAX03 FISH-EYE

 

お値段が10,000円以下なのでお試しで使ってみたい方にもオススメの商品。

約29gという軽量で持ち歩きしやすい。パンフォーカス採用でピント合わせも簡単です。

(単焦点とは焦点距離が固定されていること)

Amazon PENTAX魚眼単焦点レンズ

 

コンパクトでお手頃価格の円形魚眼レンズ/Meike 3.5MM F2.8

 

こちらも小さなボディで持ち歩きやすい軽量タイプ(190g)

X5シリーズカメラを搭載した DJI Inspireドローンに取り付けることも可能。

耐久性も高くデザインもおしゃれなレンズです。

値段は1万円台でお手頃範囲。

Amazon 円形型魚眼レンズMeike 3.5MM F2.8

 

クローズアップ撮影も可能な対角線魚眼レンズ/NikonフィッシュアイレンズAF DX fisheye NikkorED

 

DX専用の小型魚眼レンズ。レンズ先端から3㎝まで被写体に近づいてのクローズアップ

撮影も可能。重さは305g。単焦点魚眼レンズ。ニコンDXフォーマット専用。

より幅広くあらゆる被写体を撮りたい方にオススメのレンズです。

Amazon NikonフィッシュアイレンズAF DX NikkorED

 

Canonの一眼レフとミラーレスの併用が可能/Canon魚眼レンズEF8-15mm F4LフィッシュアイUSM

 

Canonのフルサイズ一眼レフとミラーレスでも使えるだけでなく、一眼レフでは

全周魚眼と対角線魚眼のどちらでも撮影が可能。インナーフォーカスを採用しているため

ピント合わせをするときにレンズの全長が変わらず、軽量コンパクトなまま使えます。

重量540g

Amazon Canon魚眼レンズEF8-15mmF4L

 

スマートフォンで使える!235度の画角で撮れる/エレコム自撮りセルカレンズ

 

スマートフォンで魚眼タイプの写真が撮れます。マルチレンズ構造を採用し

235度の広角で撮影が可能。光の反射や写り込みを防ぐAR加工を施し、また

ケラレも軽減。装着も簡単です。

Amazon エレコム自撮りセルカレンズ

まとめ

いかがでしたでしょうか。

魚眼レンズの魅力や使用方法、オススメ商品などご紹介しました。

初心者の方はお手頃価格のレンズから挑戦するのも良いでね。