スマホプリンター「インスピック」なら写真はもっと便利に使える

スマホプリンター「インスピック」なら写真はもっと便利に使える

フォトアルバムや記録、資料を作るときに、「写真をシールみたいに貼れたら便利なのに」と思ったことはありませんか?毎日暮らしをさらに便利に楽しくしたいあなたに、写真をシールにできるスマホプリンター「インスピック」との暮らしをご提案します。

インスピックって何?

インスピック(iNSPiC)とは、canonから発売されているフォトプリンターシリーズの名称です。インスピックの大きな特徴は

  1. プリントした写真をシールにできる
  2. 専用フォトペーパーにインクを埋め込んだ特殊技術により、インク不要でプリントできる

という2点です。

2021年12月現在販売中のiNSPiCシリーズの商品は

  • スマホ専用のフォトプリンターであるPV-123

 

  • インスタントカメラとしての機能とスマホプリンターの機能を兼ね備えたZV-123

の3商品です。かつてはインスタントカメラ機能に特化したCVー123という商品もありましたが、現在はメーカーからの販売が終了しています。ZV-123についても、メーカーが持つ在庫は少なく、PV-123PV-123-HKが入手しやすい機種、ZV-123が貴重な機種と言えそうです。

インスピックの選び方

iNSPiCシリーズの3商品のうち、どれを選ぶべきか悩んだら、機能の違いを比較してみましょう。

PV-123PV-123-HKの機能は、PV-123-HKの外観がハローキティデザインで、アプリ機能にハローキティが登場するという点以外に違いがありません。

PV-123とZV-123の違いは、インスタントカメラ機能の有無です。ZV-123にはインスタントカメラ機能があり、本体カメラで撮った写真とスマートフォンの写真をどちらもシールにできます。PV-123はスマートフォンのプリント機能に特化した商品です。PV-123とZV-123のアプリの機能に違いはないので、カメラ機能が必要かどうかで判断するとよいでしょう。

写真をシールにできるインスピックで毎日をさらに便利に

写真をシールにできるインスピックは、バリエーションに富んだ使い方ができます。例えば恋人や友人、家族の誕生日や記念日に、写真シールを貼り付けたオリジナルアルバムを作ってプレゼントする、旅行や食べたものなどの写真を手帳やノートに貼り、自分用の記録にする、丸形の専用フォトペーパーを収納BOXに貼り付けて整理整頓に使う、仕事用のマニュアル作りに使うなど、使い道は無限大です。インスピックがあれば、毎日の暮らしがさらに便利に楽しくなりそうですね。