プリンターとして使えるチェキの機能と値段を比較!お得な機種はこれ

プリンターとして使えるチェキの機能と値段を比較!お得な機種はこれ

チェキと言えば、カードサイズのフィルム写真が撮れるインスタントカメラが有名ですが、スマホやデジカメの画像をチェキ用フィルムに印刷できる、プリント機能を持つチェキも存在します。2021年12月現在、富士フイルムから販売中の「プリンターとして使えるチェキ」全機種の機能と、Amazonでの販売価格を比較しました。比較した結果判明したお得なチェキもご紹介しています。機種選びにご活用ください。

プリンターとして使えるチェキ5種類を比較

2021年12月現在、富士フイルムから販売中の「プリンターとして使えるチェキ」は、以下の5種類です。それぞれの機能とAmazon販売価格を比較しました。※Amazon販売価格は販売元や販売時期によって変動する可能性があります。ご注意ください。

カメラ・プリンター両用

以下の2機種は、インスタントカメラ機能とスマートフォンの画像プリント機能を合わせ持つ機種です。microSDやmicroSDHCメモリーカード内に画像データを移せば、デジタルカメラの画像も印刷できます。

instax mini Evo

2021年12月に発売された最新機種。チェキのカメラで撮った画像データをスマホに送ったり、スマホの写真をチェキ用フィルムに印刷したりできます。従来機の2倍もの露光密度で、高画質なチェキプリントが可能になりました。

  • プリント出力時間:およそ16秒
  • 使用フィルム: instax mini(カードサイズ)
  • Amazon販売価格:23,455円
instax mini LiPlay

1回の充電でおよそ100枚の写真がプリントでき、オリジナルフレームも作成できます。写真にQR コードを入れ込み、アプリで再生できる音声の録音機能も搭載しています。

  • プリント出力時間:およそ12秒
  • 使用フィルム: instax mini(カードサイズ)
  • Amazon販売価格:16,964円

プリンター(カメラ機能なし)

以下の3機種はカメラ機能がない、プリンター専用機です。専用アプリを使用すれば、スマートフォンだけでなくデジタルカメラの写真も印刷できます。

instax mini Link

一般的な名刺ほどのサイズのチェキ用フィルム「instax mini」に印刷できるプリンターです。アプリを経由しNintendoSwitchのゲーム画面もプリントできます。動画から写真をプリントすることも可能です。

  • プリント出力時間:およそ12秒
  • 使用フィルム:instax mini(カードサイズ)
  • Amazon販売価格:13,327円
“スマホ de チェキ” instax SHARE SP-3

スクエア型のおしゃれなチェキ用フィルム「instax SQUARE」に印刷できるプリンターです。

  • プリント出力時間:およそ13秒
  • 使用フィルム:instax SQUARE(スクエアタイプ)
  • Amazon販売価格:17,200円
instax Link WIDE

大人数での写真撮影に便利な大きめのチェキ用フィルム「instax WIDE」に印刷できるプリンターです。

  • プリント出力時間:およそ12秒
  • 使用フィルム:instax WIDE(ワイドタイプ)
  • Amazon販売価格:16,182円

「プリンターとして使えるチェキ」を比較して分かったお得なチェキ

「プリンターとして使えるチェキ」の機能と値段を比較したところ、「instax mini Link」とほぼ同等のプリント速度を持つ「instax mini LiPlay」が、わずか数千円の値段の差でインスタントカメラ機能も搭載。とてもお得なチェキであることがわかりました。スマホやデジカメの画像をカードサイズのチェキ用フィルムにプリントしたい方で、画質に強いこだわりがなければ、「instax mini LiPlay」は狙い目のチェキですね。