家電Navi.net

[2016-2017年度版]オーブンレンジ各社を比較!有名4社+3社の性能・口コミ・評価を比較

      2017/03/07

oven2016

あらまし

またこの季節がやってきましたね!
主要メーカーの新作オーブンレンジは、夏が終わるころに毎年出揃います。

東芝やSHARPといった大手家電メーカーが事業売却したニュースは世間を賑わせましたね。
私もハラハラと流れを見守ってきました。
東芝。SHARPは海外に売却こそしたものの、オーブンレンジは発売しています。
なので、今年もご紹介いたします。

今回の記事でご紹介するのは

  • 東芝 – 石窯ドーム ER-PD7000
  • パナソニック – 3つ星 ビストロ NE-BS1300
  • 日立 – ヘルシーシェフ MRO-SV3000
  • SHARP – ヘルシオ AX-XW300

の有名4メーカー最新機種と最近伸びしろのメーカー3社です。

  • ツインバード – DR-E851BR
  • アイリスオーヤマ – MS-2401
  • ハイアール – JM-FVH25A

 

大手4機種のメーカー事情を調べてみた

 

東芝(中国家電大手の美的集団)

さすがの東芝ですね。不正会計でもうボロボロ倒産かと思いましたが・・・。
生き残れるようです。
しかも、復活の兆しすらあるのかもしれません。
いつか東芝ライフスタイルも買い戻ししてほしいです。私は東芝製品大好きなので。

さて、白物家電売却先の美的集団を見ていきましょう。

–美的集団–

商品こそ豊富なラインアップを誇るそうです。
しかし、これといった技術がなく、「企業の顔となる商品を持たない」のが逆に特色の中国家電メーカー。

東芝の白物家電、オーブンレンジで終幕 30日に事業売却
という記事が6月14日に日経新聞で掲載されました。

今年の石窯ドームはまだ、東芝が作ったと言える製品ですので
中国製はやだな。と思っている方にとって買い時となります。

 

パナソニック

安定のパナソニックです。
ぶれることがない経営方針に、ライバル企業の不祥事で
ここぞとばかりにCM打ち込んでます(笑)

オーブンレンジの売れ行きもやはりマイナスなニュースがない分、高くなることでしょう。

 

日立

パナに続き、安定の日立ですね。
オーブンレンジに関していうと、デザイン性に欠けています。
非常にもったいないですよね、技術がウリの日立は変わらずです。

 

SHARP(台湾の電子機器大手、鴻海ホンハイ精密工業)

東芝とは企業の大きさが違いましたね、SHARPはボロボロで完全子会社化してしまいました。
しかも、一度売却したテレビ部門を買い戻しするとか右往左往しています。

そんなところの製品を買うのは正直怖いですよね。

–鴻海ホンハイ精密工業–

売上高は日本円にして約15兆円を誇る台湾企業です。
鴻海精密工業の事業カテゴリーは「電子機器受託製造(EMS)」と呼ばれる形式で、
EMSとは自社のブランドで商品の生産・展開・販売を行うのではなく、他社の依頼により製品の生産だけを手がけるというもの。

たぶん、ホンハイにとってほしいのはSHARPの液晶部門です。
ですので、オーブンレンジはどう扱われるか・・・。
うーん・・・。

 

伸びしろ3社はどんなメーカー?

 

ツインバード

設立 1962年4月1日と、とっても古いメーカーです。
しかし最近になって名前を聞くようになった印象がありますね。

ジェネリック家電メーカーのひとつです。

家電量販店よりも、ホームセンターなどの電器売り場で見かけることが多い印象です。

アイリスオーヤマ

家庭用プラスチック製品の製造と販売が主業務です。
1971年4月14日の設立となっています。

歴史がある企業で、今は仙台に深く根付いているようです。

ハイアール

こちらは国内ではなく、中国メーカーです。
主な製品は冷蔵庫や洗濯機などの白物家電、テレビ、エアコン、ラップトップパソコンなどで、
世界165ヵ国以上で生産・販売してます。

設立は1984年です。
日本の三洋電機と合併しており、技術的には日本のものです。

 

各社オーブンレンジを比較してみる

 

比較表

型番 ER-PD7000
[石釜ドーム]
NE-BS1300
[ビストロ]
MRO-SV3000
[ヘルシーシェフ]
AX-XW300
[ヘルシオ]
庫内容量 30L 30L 33L 30L
最大レンジ出力 1000W 1000W 1000W 1000W
オーブン最高温度 350℃ 300℃ 300℃ 300℃
センサー 高精度ダブル赤外線センサー 64眼スピードセンサー トリプル重量スキャナー
センター赤外線スキャナー
温度センサー
赤外線ムーブ・絶対湿度・温度センサー
トースト(価格comより) × ×
重量 20kg 25kg
サイズ 幅498×高さ396×奥行399mm 幅494x高さ390x奥行435 幅500x高さ390x奥行き449 幅490x高さ420x奥行き490
年間電気代 1833 円  1827 円  1833 円 1944 円
特徴機能
(5つピックアップ)
業界最小の奥行きとなる39.9cm
カラータッチ液晶
より高性能になった解凍機能
7年ぶりのフルモデルチェンジ
「スチームトースト」機能を搭載
大火力平面ヒーター
サイクロンウェーブ加熱
カラータッチ機能
タッチアクセス
お手入れ自動コース
明るい庫内
ホームベーカリー機能
Wスキャン+温度センサー
LED庫内灯×2灯
液晶タッチメニュー
クラウドサービス「COCORO KITCHEN」
ノンフライ機能
ヘルシオタッチパネル
ウォーターオーブン
まかせて調理
メーカー 東芝 パナソニック 日立 シャープ
価格 約170,000円 約170,000円 約100,000円 約170,000円
型番 DR-E851BR
[ツインバード]
MS-2401
[アイリスオーヤマ]
JM-FVH25A
[ハイアール]
庫内容量 18L 24L 25L
最大レンジ出力 600W 1000W 600W
オーブン最高温度 200℃ 250℃ 250℃
センサー 赤外線センサー 赤外線センサー 温度センサー
トースト × ×
重量 15kg
サイズ 幅470x高さ295x奥行き360 幅513x高さ332x奥行403 幅513x高さ332x奥行403
年間電気代 1981円 1860円 1960円
特徴機能 フラットタイプ 過熱水蒸気調理
メーカー ツインバード アイリスオーヤマ ハイアール
価格 約20,000円 約20,000円 約20,000円

 

石窯ドーム ER-PD7000

toshiba2016

昨年と比較

 

個別記事はこちら

フルモデルチェンジで石窯感は少し薄めに。

業界最小奥行で、コンパクトになりました!
さらに今年はカラー液晶のタッチパネル方式を採用
スチームトースト機能の追加

など・・・。

かなりの変更がなされましたね。

 

購入者の声


余熱がとても早く、大満足です。
実際190℃でしたら4分くらいと早すぎて困るくらい(笑)です。

 

動作音さえクリア出来ればお勧め出来る機種です。
気になったのがファンの動作音です。
レンジやオーブン等、動作モードに関わらずかなりの動作音となりますので、夜間の使用で気になるレベルです。

 

 

 

ビストロ NE-BS1300

bistro2016

昨年と比較

 

昨年モデルはヒーターむき出しでした。
今年のビストロは平面ヒーターによって、魅力である大火力をそのままにむき出しではなく掃除しやすい形に変化しました。

それ以外に欠点がほぼなかったビストロにとって、より魅力的な武器ですね。

購入者の声

グリル皿が凄く使いやすく(洗いやすい)毎日ストレスなく使ってます。
ホント10分で簡単料理が美味しく仕上がりますよ。
トーストも綺麗にこんがりと焼きあがります。
合わせ技で2品(焼き魚とお赤飯)同時に作れます。

 

新しいビストロ1300
フラットになりむき出しヒーターじゃないのでさっとスチーム使用後に拭くだけで綺麗!
解凍が凄くいいです。1200買うなら1300推しです。

 

 

ヘルシーシェフ MRO-SV3000

 

hitachi2016

 

昨年と比較

あまり劇的な変化はありませんが、スペックアップはしています。

他のオーブンレンジと比べて、中が見やすく明るいのが最大の特徴です。
それと他と比べて容量が2Lほど大きいので、大家族の方にお勧めできますよ。

購入者の声

ヘルシーシェフのよかった点を言うとオーブンを使った時、庫内が熱くなるのでビストロの場合だと冷えるまで使えない。
ヘルシオと日立のシェフはすぐに使えます。
ビストロはこの点が残念だなと思いました。
ヘルシオは、常にスチーム調理で余計な脂を落としたり、塩分を落とすのですが味が薄くなり過ぎるとの事です。
あと、使用するたびに庫内がびしょびしょになるので毎回拭き掃除しなければいけません。

お手入れのしやすさは、日立のシェフが断トツにやりやすいと思います。

 

 

 

ヘルシオ AX-XW300

herusio2016-2

 

昨年と比較

 

献立の悩み、「対話」で解決!「COCORO KITCHEN」という機能が今年の売りです。
流行りに乗った人工知能モドキというやつですね。

ただし、まだ実用的ではない、お遊び機能です。

本当の対話ではなく、話しかけた言葉に対して、あらかじめ辞書に登録してあったものを回答する仕組みのようです。
無線LANにつなぐ必要もあることから、スマホで検索するようなものですね。

もう少し、技術が進歩してからこういった機能付きのものを買いましょう。

 

購入者の声

従来、高機能になる程逆に使い難くなり、結局殆ど温めにしか使用していませんでした。
今回、音声で操作が出来る上無線LANでAIにアクセス出来ることに期待して再度最高級機に挑戦してみました。
未だAIの応答が必ずしも完璧ではありませんが、慣れてくるとそれなりに使いこなせて来ました。
又、大きな液晶画面と音声で、鉄皿の使用可否や上下段位置、時間等を明示してくれるのがとても便利です。

 

 

それ以外のメーカー

 

ツインバード – DR-E851BR

 

2万円以下で買える一人暮らし用オーブンレンジモデルといったところでしょうか。
ツインバードが大好きという方ではない限り、選ばなくてよいと思います。

上記で紹介した4種メーカーたちの下位機種を買えばよいです。

 

購入者の声

しかしながら、ヘビーに電子レンジやオーブンを使用する方であれば電子レンジのみのP社製やオーブンのみを購入した方が良いかもしれません(笑)
本機の良いところは、前倒しドアであるためコンパクトな大きさの割に庫内が広く、フラットテーブルによって掃除がしやすい。
表示部はバックライトがついているので暗い所でも操作が簡単。

 

 

アイリスオーヤマ – MS-2401

 

こちらも同じく2万円以下でオーブンレンジっぽいものがほしいなら、選択肢に入るでしょう。
下位の機種で選ぶなら、1000W出せるアイリスオーヤマが一つ上に抜きんでています。

 

購入者の声

庫内容量は24Lと大き目なのもいいです。チキンも丸ごと入る大きさです。
機能的にも、最大1000Wのレンジ、グリル、スチームオープン、オープンと多彩で申し分ありません。

 

 

ハイアール – JM-FVH25A

 

こちらはメーカーこそ取り上げましたが、2014年後期モデルとなっています。
少し古いのがネックですね。
せっかくここまで調べたのなら、もう少し良い機種がほしくなっているはずです。
間違いのない選択をしてくださいね。

 

購入者の声

最低限の機能で安く、かつ庫内フラットとなるとこの商品がベストバイだと思います。
出力は600Wまでが最高で、動作音が結構うるさいところが欠点ですが、まあ我慢できます。
センサーなどもないので、オートあたためもできません。

比較対象の他社製品のレビューで、液晶が暗くて見えないというものがありましたが、
こちらの製品はしっかりと液晶にライトがついているので、室内が暗くても大丈夫です。

 

 

まとめ

 

今年もワクワクするような機能が追加されましたね。

石窯ドームはフルモデルチェンジして、カラータッチパネルを採用しました。
この変化は大きいでしょう。

ビストロは、むき出しだったヒーターを平面ヒーターにしました。
掃除もしやすく、危険も少ない。大変素晴らしい開発ですね。

私が今年選ぶなら、この2機種を推します。
そして、今後のメーカーとしての安定感をとるならビストロでしょうか。
パンを作るのが好きだったり、これから始めたい人は言わずもがな石窯ドームですね。

ちなみに私が持っているのは石窯ドームです。
高火力を生かして、おいしいオーブン料理を作ってます。

オーブンレンジは買い換えたら、10年前後使うことでしょう。
この記事があなたの選択の助けになれば幸いです!
よい、家電ライフを!

 - オーブンレンジ, 生活家電 , , , , , , , , ,