写真嫌いな子どもの表情を引き出すコツとカメラの選び方

写真嫌いな子どもの表情を上手に引き出すコツとカメラの選び方

写真嫌いなお子さんて実は意外と多いですよね。苦手意識があるのか、どうしても顔がこわばってしまったり、小さい子供だと泣き出して逃げ出してしまったりします。今しかない貴重な成長の記録ですから、きれいな写真を撮ってあげたいですよね。今日はそんなお子さんの表情を素敵に引き出すコツをご紹介します。

子どもが写真撮影を嫌いになる理由3パターン

子どもが写真撮影を嫌いになる理由として、考えられる3パターンをご紹介します。

理由1.写真撮影で遊びの邪魔をされる

子どもは「やりたい!」と思った遊びに常に全力投球!「写真撮るよ~こっち向いて~」と声をかけても、遊びに集中している子どもの耳にはなかなか届きません。届いても邪魔に思われ、写真嫌いの原因になってしまうことがあります。

理由2.気持ちと違う表情やポーズを求められる

子どもの感情や気持ちは状況によって目まぐるしく変わるもの。楽しそうにしていても、ちょっとしたことで気分が変わっている可能性があります。そんなときに「笑って~」と言われても「今そんな気分じゃないのに」と思われてしまうことも。

理由3.カメラがこわい

赤ちゃんから1~2歳の写真嫌いの子どもに多いのが、「カメラがこわい」という理由です。特に高機能な一眼レフカメラやレンズは、小さな子どもにとってはかなり大きく、こわいものに見えることがあります。

写真嫌いの子どもの表情を引き出すコツ

遊んでいるときには声をかけずにこっそりと撮影

子どもが遊びに夢中になっているときには、写真撮影のために子どもに声をかけるのはぐっと我慢し、子どもに気づかれないようにこっそりと撮影しましょう。子どもをカメラがある方向に向かせるのではなく、撮る側が撮影できる位置に移動するのがおすすめです。

表情や目線、ポーズを指定せず子どもの自由に

子どものありのままの姿を撮影する方が、自然で豊かな表情を写真に収めるのに効果的です。撮る側が無理に笑顔やカメラ目線を求めたり、ポーズを決めたりせず、子どもが心からしたいと思っている表情や動きに合わせてカメラを向けましょう。笑顔やカメラ目線、ポーズを求めても応じてくれる可能性は低く、返って気分を害するリスクがあります。

写真嫌いの子どもの表情を引き出すカメラ選び

「カメラがこわい」という赤ちゃんや子どもの写真撮影には、カメラ選びも重要です。こわがらせないようになるべく小さなカメラやレンズを選ぶとよいでしょう。赤ちゃんや子どもになじみのあるおもちゃのような、明るいカラーのカメラもおすすめです。機能の充実した大きめのカメラを使いたいときには、赤ちゃんや子どもから離れたところで撮影するのも1つです。フラッシュのまぶしさを嫌う子もいるので、撮影時の設定は慎重に行いましょう。

カメラがこわい赤ちゃんや子どもの撮影におすすめのカメラはこちら。手のひらサイズでポップなカラーリングなので、こわがらせずに撮影できます。

子どもに合わせた撮影とカメラ選びで表情を引き出そう

大泣きしていても、緊張していても、それが子どものありのままの姿。子どもの自由なペースや感情に合わせた写真撮影を繰り返しながら、「写真を撮られるのが楽しい!」という気持ちを育てていきたいですね。子どもに合わせた撮影やカメラ選びで、子どものバリエーションに富んだ表情を引き出しましょう。