空の写真をきれいに撮るならオート撮影からここを変えよう

 

空の写真をきれいに撮るならオート撮影からここを変えよう

朝焼けや夕焼け、雲間から差し込む太陽の光、刻々と変わる雲と青空、満点の星空。私たちが写真に収めたくなるような魅力的な表情を、空は次々に見せてくれます。「空を見たときの感動を写真に残したい!」と、誰もが1度は思ったことがありますよね。

しかしデジタルカメラや一眼レフカメラでオート撮影モードを使うだけでは、なかなか空がきれいに撮れないことも。そんなとき、ホライトバランスや露出を変えるだけで、見違えるような写真が撮れます。空の写真をきれいに撮りたいときに、オート撮影モードから何をどう変更すればよいか、「朝・夕方」「昼」「夜」それぞれの時間帯ごとの、よくある悩みに応えます。

「朝・夕方」朝焼け・夕焼けを赤く撮るならホワイトバランスを変更

悩み:「朝焼けや夕焼けが写真に白く写ってしまい、せっかくの赤い色がきれいに出ない」

まずホワイトバランスを変更してみましょう。ホワイトバランスの設定モードはカメラによって異なりますが、「太陽光」「曇天」「日陰」「電球」など項目が設けられ、多くの場合「太陽光」、「曇天」、「日陰」の順に、赤みが強く出やすくなります。理想の色が撮れるまで順番に試してみるとよいでしょう。カメラによっては、手動でさらに細かくホワイトバランスを設定できるものもあります。

「昼」青空が真っ白になってしまったら露出をマイナスに

悩み:「晴れた日に青空を背景とした建物の写真を撮ったのに、なぜか空が真っ白になってしまった」

明るく写りすぎてしまう白飛びが起きている可能性が高いです。白飛びとは、画面におさまっている被写体に明るさの差がある場合に、暗い方に露出を合わせると、明るい方が白っぽく写ったり、真っ白な状態になったりして正確に写らない現象です。白飛びしてしまった場合は、ISO感度を下げたり、絞り(F値)を絞ったり、シャッタースピードを上げたりして、露出を少しずつマイナスにしてみましょう。太陽を正面に撮影すると逆光となり、白飛びの原因になる場合があります。白飛びを避けるためには太陽を背にした順光での撮影がおすすめです。

「夜」星空をきれいに撮るなら絞り(F値)を大きく開く

悩み:「暗くて星が写らない」

夜の星空の撮影は、オート撮影モードが苦手とすることが多い分野です。星空をきれいに撮りたい場合、暗い夜でも星をしっかりと撮影するために、絞り(F値)を大きく開いて光を取り入れましょう。ISO感度を上げたり、シャッタースピードを下げたりしても光を多く取り込めますが、その分手ぶれやノイズ(写真のざらつき)が起こりやすく注意が必要。手ぶれは三脚を使用するなど、カメラを固定して撮影すると防げます。

星が移動する様子をあえて線のように撮影したい場合は、シャッタースピードを下げましょう。ピントはマニュアルフォーカスで合わせるのがおすすめです。月が出ているか、周りに外灯や照明があるか、カメラの機能などによって、最適な露出は変わってきます。少しずつ設定を変えながら撮影し、星空が一番きれいに撮れる数値を見つけましょう。

ホワイトバランス・露出を変えて空の写真をきれいに撮ろう

「朝・夕方」、「昼」、「夜」の空の写真撮影でよくある悩みと、その対策方法をご紹介しました。どんな明るさでもおおむね撮影できるオート撮影モードは、とても便利な機能ですが、空の写真をきれいに撮るためには、設定を変えた方が良い場合もあります。オート撮影モードできれいに撮れないときには、朝・昼・夕方・夜のそれぞれの時間帯や天気、太陽や月の位置、被写体に合わせてホワイトバランスや露出を調整してみてください。