レフって何?効果や使い方、選ぶときの注意点を解説

「レフ」って何?効果や使い方、選ぶときの注意点を解説

この記事ではレフとは何か、その効果と使い方、選ぶときの注意点を解説します。初めてレフを使う方におすすめの商品もご紹介します。

レフって何?

 

レフとは、カメラやビデオカメラなどで撮影をする際に、被写体(撮影対象)に光を集めるための反射板です。レフレクターやリフレクターと呼ばれることもありますが、略してレフや、レフ板と呼ばれることが一般的です。暗く影になってしまう部分を照らし、明るく写し出すために使用されます。太陽や照明機器などが発する光を、レフがもつ白や銀の面で反射させられますが、自ら光を発するものではありません。

形は円形やだ円形、三角形や四角形などで、大きさも手で持つことができる小型のものから、プロがスタジオ撮影で使うような大型のものまでさまざまです。「レフはプロが使うもの」というイメージを持っている方もいるかもしれませんが、手軽に本格的な仕上がりが目指せる機材として、プロ以外でもレフを取り入れている方が多くいます。

レフの効果

 

レフが使用されるシーンで多いのは、人物撮影や静止物の撮影です。特に逆光の対策として効果的です。太陽を背にして暗くなってしまった人物の顔にレフで光を反射させると、柔らかな光を使った自然な明るさが表現できます。光を集めるので、肌がよりきれいに見える効果も期待できます。

室内で静止物の撮影をする際にレフを使うと、光を微妙に調整しながら狙い通りの陰影を作ったり、立体感を与えたりできます。光を使った繊細な表現を行いたい場面にまさにうってつけの機材です。

レフの使い方

 

レフの使い方には、大きく分けて手で持つ方法とスタンドなどに立てて使う方法の2種類があります。手で持って使う場合には、光を被写体の狙った部分に反射できるように、移動しながら角度を細かく調整できます。動画撮影では光が不自然に動いて邪魔にならないよう注意が必要です。

レフをスタンドに立てて使う場合、手で持つ場合より光が不自然に動く失敗を減らすことができます。しかし、細かい動きに合わせて光を当てることはできません。大きく光を当てる場合や静止物の撮影に向いているでしょう。

レフを選ぶときの注意点

レフを選ぶときには、何を撮りたいか、どんな場所でどんな風に撮りたいかを考えることが重要です。レフは大きければ大きいほど広範囲に光を当てられますが、あまりにも大きいと持ち運びに不便です。折りたたむことができるレフ板もありますが、たたみ方が難しいものもあるので、自分が使いやすいものを慎重に選びましょう。

レフのカラーは白や銀が一般的ですが、金や黒のものもあります。白は自然な光が得意です。銀は白より反射が強く、曇った天候での屋外撮影に重宝します。金も反射が強いので、日陰などでの撮影に便利です。黒は光を全く反射しないので、影を生かしたいときに使いましょう。両面で2種類のカラーを使い分けられるレフもあります。目的に合わせて選びましょう。

初めてレフを使う方におすすめの商品はこちら

ご紹介した白・銀・金・黒のレフがすべてセットになっており、キャリングバッグが付いているので持ち運びに便利です。挑戦しやすい価格もうれしいですね。