スマホのカメラで夜景を鮮明に撮る方法

スマートフォンのカメラ機能は年々進化しています。

スマホを新しく買い替えて写真を撮った時、古いスマホとの違いに感動することもありますよね。

でも、どうしても夜景だけはなかなか思った通りに撮れない。

肉眼で見るように綺麗にうつらない。

そんな風に思った方はいませんか?

そこで、スマホのカメラで夜景を鮮明に撮るコツや、お勧めアプリなどをご紹介します。

 

スマホで夜景を綺麗に撮るコツ

まずはスマートフォンの機能を使って、いつも以上に綺麗に撮る方法をご紹介します。

少しの工夫で撮影レベルをアップさせることができるのです。

 

夜景モードで撮影する

  カメラ機能の中に夜景モードというものがあります。

  また夜景モードを自動で判断し調整してくれる機能も備わっています。

  夜景モードが見つからない、という方はお使いのスマホ取説を確認してみてください。

 

手ブレを防ぐ

  スマホはどうしても手ブレしがちですね。

  通常の写真でもそうですが、特に夜景はイルミネーションなど光の撮影が主となるので

  手ブレが問題になりがちです。

  手ブレ防止のためにスマホ専用の三脚などを購入するのもお勧めです。

 

  Amazonから スマホ用の三脚

 

フラッシュ機能をOFFにする

  スマホには自動フラッシュ機能が搭載されていますが、自動フラッシュは

  必ずオフにすることをお勧めします。夜の撮影では、自動設定にしていると

  反応してしまい、フラッシュの光で綺麗な夜景の輝きが飛んで暗くなってしまいます。

 

ズーム機能を使わない方が綺麗に撮れる

  ズームを使うとどうしても手ブレしやすく、画質も荒くなります。

  綺麗な夜景を撮りたい時はズームはなるべく使わないで撮影しましょう。

 

露出の調整

 スマホには露出を補正する機能がついています。写真が暗すぎて夜景が綺麗に

 写らない時は露出の補正を調整して明るくすることができます。

 iPhoneの場合、ピントを合わせたいところにタップすると、オレンジ色の四角が

 表示されます。その枠のとなりに太陽マークがあるのをご存知でしょうか。

 その太陽マークを上にスライドさせると明るくなり、下にスライドすると暗くなります。

 全体のバランスを見ながら調節してみてください。

 

HDR機能をオンにする

 HDR機能とは、iPhoneのカメラに装備されていて、正しくはHigh Dynamic Range

(ハイダイナミックレンジ)。明るさの違う複数の写真を合成して、逆光や暗い場所での

 撮影であっても綺麗な写真を作ることができる機能です。

 この機能をオンにすると、暗い部分、明るい部分、またそれ以外の露出で撮影された

 3枚以上の写真を自動で撮影、合成してくれます。

夜景を綺麗に撮れるアプリもある

 自分でカメラモードの設定が面倒、という方もいますよね。

 そんな方には簡単に鮮明に夜景が撮れるアプリをご紹介します。

 無料から有料から機能も様々ですが、綺麗な夜景を撮りたい方にはお試しいただきたい

 アプリがあります。

 

夜撮りカメラ-夜景・夜空に最高のカメラアプリ

ios版 夜撮りカメラ  Android版 夜撮りカメラ

 

夜の撮影に特化したアプリ。10枚から50枚の画像を合成するコンポジット撮影で

普通の撮影より明るくて鮮明な写真が撮れます。手ぶれ補正機能あり。

ios Android どちらも無料

 

PIcsart 写真&動画編集アプリ

ios版 Picsart  Android版 Picsart

 

こちらは加工が主なアプリとなっています。

沢山のツールを搭載しているので夜景だけではなく、その他の風景や人物、動物も

トータルで素敵に演出できるのでオールマイティに使いたい人にはお勧め。

ios Android どちらも無料

 

Adobe Lightroom

ios版 Adobe Lightroom                Android版 Adobe Lightroom

こちらはPhotoshopなどでお馴染みのAdobe社のアプリです。

夜景の中でも月を綺麗に撮りたい方にはお勧めです。

最初にファイル形式の設定などあります。

注意点はGoogleアカウントもしくはAdobeアカウントが必要なので

あらかじめ登録しておきましょう。

無料(App内課金あり)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

スマホカメラで夜景を鮮明に撮る方法をご紹介しました。

スマホカメラの様々な機能を工夫して撮ることも可能なことがわかりましたl。

が、例えば月などの特に光が強いものを綺麗に撮るのは限界もあります。

適したアプリを使って納得のいく一枚を撮っていただきたいと思います。