使い捨てカメラって高いの?値段の相場や購入方法を調べました

「使い捨てカメラ」といえば1980年代に大流行しましたね。

「デジカメ」が登場し、さらに携帯電話にカメラ機能が搭載されて

からは、しばらく忘れられた存在になっていました。

しかし今、使い捨てカメラの人気が再来しています。

レトロな雰囲気漂う撮れ具合が若者世代に新鮮に映るようです。

 

その使い捨てカメラの値段や購入方法について詳しくご紹介します。

使い捨てカメラとは?

使い捨てカメラの本当の名前は「レンズ付きフィルム」と言います。

フィルムが内蔵されレンズもついた状態で販売され、撮影後はカメラごと

カメラ屋さんに現像に出す使い捨てタイプであることから「使い捨てカメラ」

と呼ばれるようになりました。

ボディはプラスチック製で軽量、シャッターを押すだけの簡単操作でお手頃な値段で

あることから大ヒットしました。

コンビニでも販売され、また使い捨てカメラ専用の自販機も昔はたくさんあり

ホテルの自販機コーナーでもよく見かけました。

 

使い捨てカメラの魅力は?

レトロな撮れ具合

高画質な写真を見慣れている人達から、使い捨てカメラで撮った写真は

フィルムならではの色調や画像がクラシカルで、味があると評判です。

今若者世代にも昭和なもの全般が人気で、ファッションや音楽など幅広い分野で

昭和時代のものが評価されています。

そんな流れも後押ししたのでしょうか、昭和時代の世界に入り込んだかのような

雰囲気に撮れるのが再人気になっています。

 

現像するまで分からないのが良い?

デジカメや携帯カメラは画像を画面で確認しながら撮ったり、加工できたりするのが

当たり前ですが、使い捨てカメラは現像するまでどんな風に撮れているか

確認する事ができません。

それが実際に写真を手にするまでのワクワク感を高めるとの感想もあるようです。

便利すぎる時代だからこそ、レトロな機能が新鮮なのかもしれません。

 

シャッター押すだけの簡単操作

冒頭でも紹介しましたが、プラスチック製のため軽量です。

メーカーにより多少差がありますが凡そ90gのコンパクトサイズです。

機能が単純なので子供でも撮れるのも大流行した理由の一つになっていると思います。

 

使い捨てカメラの相場は?

使い捨てカメラの中でも特に人気を集めた富士フィルムの「写るんです」

は、凡そ1,300円台で販売されることが多いようです(店舗差あり)。

コダックのフィルムカメラは、昔ながらのレトロな撮れ具合も残しつつ

おしゃれなボディカラーも豊富、フラッシュ内蔵で3,000円台です(店舗差あり)。

多少の機能の差があるものの、1,000円台から3,000円台が主流のようです。

 

購入方法は?

家電量販店

再ブームに対応し、種類も豊富に各店対応しているようです。

ヨドバシカメラ

ヤマダ電気

ビックカメラ

ケーズデンキ

ほか、家電屋さんならほぼ売っていると思って間違いないようです。

コンビニ

一時は姿を消していた時もあったようですが、今は各コンビニでも販売しているようです。

セブンイレブン

ファミリーマート

ローソン

サンクス 他

 

使い捨てカメラはコンビニで手軽に買えるところが魅力ですね。

 

その他の大型雑貨店やネットでも

ドンキホーテや東急ハンズのような大型ショップでも、Amazonなどのネットでも

購入できます。単品売りだけではなく、ダースで売っているのも見かけました。

使い捨てなので中にはまとめ買いする人もいるのでしょうか。

まとめ買いでお得に購入するのも良いですね。

人気の使い捨てカメラ一覧

最後に、特に人気の使い捨てカメラをご紹介します。

 

富士フィルム レンズ付きフィルム「写るんです」

Amazon 富士フィルム「写るんです」

 

コダック フィルムカメラM35

Amazon コダックフィルムカメラ

 

ILFORDレンズ付きフィルム HP5+ISO400 

Amazon ILFORDレンズ付きフィルム

 

LOMOGRAPHY シンプル使用フィルムカメラ 白黒フィルム

LOMOGRAPHY シンプル使用フィルムカメラ